横浜富士見丘学園 中等教育学校

学校長からのメッセージ

学校長 澁谷 一郎

ご挨拶

 富士見丘学園は大正12年(1923年)、澁谷近蔵先生により神奈川県で28番目の私立学校として創立されました。今年で創立93年になります。卒業生も2万人を超え、卒業生の思いが繋ぐ伝統ある私立女子校です。
 現在、私たちは、学ぶことや働くことは女性も男性も平等な権利であることを当たり前に知っていますが、創立当時は男性中心の社会で、‘女性は勉強より家事と子育て’と言われた時代です。しかし、「女性活躍推進法」が成立し、各分野で指導的地位の女性の占める割合についての数値目標が設定されるなど、女性の社会進出をさらに推進するように日本社会全体が動いています。
 澁谷近蔵先生は90年以上も前に、「やがて国が豊かになり、皆が幸せになるためには、女性が社会に出ることがきっと求められる時代が来る」と考え、女性の活躍を望んでいました。そして、女性が社会に出て活躍するためには高い教養が必要であると考え、学校を創立したのです。富士見丘学園は、‘勉強をしたいと思う子どもたちのための学校’なのです。
 さらに、社会に出るために必要なことの一つは、人間性を磨くことです。
 本学園の建学の精神「奉仕の心」、校訓「敬愛・誠実・自主」はそれを示しています。
 「敬愛」とは他者への愛・優しさを示し、「誠実」とは嘘・偽りのない心、そして自己への愛・優しさを示した言葉です。校訓のすべてに流れているのが、‘心・愛・優しさ’なのです。平和で、豊かで楽しい社会、争いのない社会を築いて欲しいと願っています。
 富士見丘学園は、皆さんが社会で活躍するために、優しさに包み込みながら、皆さんの学習と人間形成を培います。
 皆さんは、富士見丘学園で、多くの‘新しい出会い’を体験することでしょう。
 一生の友となる多くの友達との出会い、皆さんを支えてくれる先生方との出会い、クラブ活動や生徒会活動との出会いもあります。そして新しい知識、新しい学問にも出会います。これら多くの出会いを通じて、やがて‘新しい自分’に出会い、新しい自分へと成長するでしょう。そして、新しい自分を好きになり、夢を描き、進路を決めることになります。
 富士見丘学園は、そんな出会いの場なのです。ぜひ多くの良い出会いをしてください。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園中等教育学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)