横浜富士見丘学園 中等教育学校

建学の精神・沿革

建学の精神

 昭和7年、富士見丘高等女学校を設立した澁谷近蔵は、「真の教育は魂の教育と信ずるが故に、どこまでも修養本位で教育せねばならぬ。」と考え、本校の建学の精神と定めました。

 学制改革により、昭和22年、富士見丘中学校、昭和23年、富士見丘高等学校と改めましたが、この「建学の精神」を受け継ぎ、教育の中心を「和」としました。「敬愛」「誠実」「自主」を校訓として今日まで努めてきました。

沿革

1923年 児崎為槌、横浜市野毛町に本校の前身「日の出女学校」創立。
1924年 関東大震災のため、横浜市西区東久保町に校舎を新築移転。
1925年 横浜市内で4番目の4年制高等女学校の認可を受け、
「児崎高等女学校」と改称。
5月26日を創立記念日と定める。
校歌[作詞:金子彦二郎/作曲:信時 潔]・校章を制定。
1928年 野口援太郎 第2代校長に就任。
1931年 澁谷近蔵 第3代校長に就任。
校旗制定。
1932年 澁谷近蔵、創立者となり、校名を「富士見丘高等女学校」と改称。
1943年 財団法人「富士見丘高等女学校」の設置認可。
澁谷近蔵、初代理事長に就任。
1947年 学校改制で「富士見丘中学校」設置認可。
1948年 学校改制で「富士見丘高等学校」設置認可。PTA発足。
創立25周年記念式典挙行。
教育方針を「和」と定める。
1949年 澁谷陽一 第2代理事長兼第4代校長に就任。
1950年 制服を現在のセーラー服に制定。
1951年 学校法人「富士見丘学園」設立。
生徒会発足。
1957年 校章・校旗を現行のものに改定。
あわせて「敬愛」「誠実」「自主」の校訓を定める。

1957年にデザインされた校章は、中央に雪を頂く霊峰富士、横にひかれた波型の線は横浜港、右上の丸は潮しぶきを表しています。全体で、横浜・富士見丘を簡潔に象徴したもので、そこには富士山のように雄大な気持ちを持ち、「清く」「美しく」「気高く」、素晴らしい女性に育って欲しいという願い。また横浜港からその先に無限に広がる海は、無限の希望、志(夢)を抱いて欲しいという願いがこめられています。輪郭の円は、教育方針の「和」を表現しています。

1973年 創立50周年記念式典挙行。
1986年 澁谷瀋次 第5代校長に就任。
1989年 理事長 澁谷陽一、勲4等旭日小綬章受章。
1992年 澁谷一郎 第6代校長に就任。
1998年 創立75周年記念式典挙行。
2001年 澁谷一郎 第3代理事長に就任。
2005年 豊岡 稔 第7代校長に就任。
2007年 横浜市旭区中沢に校地移転、新校舎完成。
「横浜富士見丘学園中等教育学校」設立 (富士見丘中学校を廃止)。
2010年 富士見丘高等学校廃止。
2013年 創立90周年記念式典挙行。
松田 由紀子 第8代校長に就任。
2016年 澁谷一郎 第9代校長に就任。

制服の変遷

創立当時戦時中現在

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園中等教育学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)