横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

教育計画

 

男女の特徴を活かしたクラス編成で効果的な教育を行います

 心も体も大きく変化する思春期では、「興味・関心のもちかた」「学習の取り組みかた」には男女差があります。それぞれの特徴を活かし、成長段階に応じた効果的な教育を行います。
 女子は、中学では少人数制できめ細やかな学習指導を行うことで、徹底した基礎学力を育成します。また、多彩な体験型英語教育プログラムを用意するとともに、将来の夢の実現に向けて、興味・関心を引き出す教育を行います。
 男子は、医学部や国公立・難関私立理数系大学進学を目指す理数特進クラスのみです。中1から高1までは女子と別クラスです。高2からは女子の理数特進と混合クラスになり、お互いに切磋琢磨する環境をつくります。

教育計画

100年後の未来を支える22世紀教育

 生徒一人ひとりが自らを活かし、自らが主体的に未来を切り拓き、たくましくしなやかに幸せに未来を生きる資質・能力を育成し、その能力を社会に活かすことができる教育を追及しています。
 そのために、4つのカリキュラムポリシーを掲げ、未来に向けた教育を実践しています。

1.基礎学力の徹底と自ら学ぶ姿勢を育む

 「ゆるぎのない確かな基礎学力の育成」と「自ら学ぶ姿勢の涵養」が最も大切だと考え、徹底したきめ細かい学習指導を行い、進路実現のための高い学力養成を図ります。

2.国際的な視野を育成し、全員が英語でコミュニケーションが図れる環境づくりを行う

 現代社会では、英語でのコミュニケーション力が必須条件です。生徒一人ひとりが英語でのコミュニケーション力が実感できる体験型学習プログラムを多彩に用意しています。
全員がCEFRでB2レベル以上の英語力をつけることを目標としています。

3.ジェネリックスキル ~生きる力~の育成

 主体的・協働的に作業を重ね、自分の頭で考え問題を発見する能力や課題を解決する能力を育成するために、学年に応じた課題を設定し、プレゼンテーションを繰り返しながら、生涯にわたる多様なキャリア形成に必要な能力や態度を育てます。

4.理数教育の充実

 理数系に興味・関心を引き起こす多彩なプログラムを実施し、理数教育の充実を推進することで、先端の科学技術の在り方を理解すると同時に、情報分析力や数理能力を養い、それらを活用して、自らイノベーションを起こす発想力や判断力を育みます。AI時代を生きる上での、正しい価値観・倫理観・世界観を育みます。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園 中学校・高等学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)