横浜富士見丘学園 中等教育学校

オーストラリア研修

オーストラリア研修
10日間
(4年生・7月)

4年生の7月に実施する10日間のオーストラリア海外研修は、異文化理解・異文化交流をテーマにした体験型の研修です。
ファームステイ、大学生との交流プログラムなど、一人ひとりの生徒が自ら主役として海外での生活を体験する本校独自の海外研修を目指しています。
日本との緊密な関係を学ぶとともに、オーストラリアの歴史や文化を学び、他国を尊重する態度の育成の機会としても大切と考えています。
併せて、豊かで雄大な自然との出会いも、生徒の将来の選択の一助となると考えます。

オーストラリア短期留学
(4年生の希望者・7月~9月)

オーストラリア海外研修に続く短期留学は、英語力の獲得よりも生徒の自立がテーマです。
現地の教育省や学校との緊密な連携のなかで、生徒の判断力・自己主張・自己責任の力を養い、自らに対する自信が将来への夢を育むことを確信しています。

理念

内容

南オーストラリア教育省との協議

協議内容
  • ・南オーストラリア教育省の全面的支援を受けています。
  • ・教育省は、受け入れ先の州立学校の選定、ホームステイ先の選定を行います。
州立学校への分散入学 英語力に合わせた授業参加

 現地の州立学校1校に対し、留学生は2名程度を原則に普通クラスに入学させます。これは、なるべく現地の高校生と友人関係を築いてもらうためです。また、入学する学年も1学年下の学年にするなど、日本人生徒に対して十分配慮します。

州教育省の斡旋によるホームステイ 各家庭に日本人は本人だけ(原則)

 留学生は現地の家庭にホームステイをします。ホームステイは一家族に一人を原則とします。学校ばかりでなく、家庭でも英語という、文字通り英語だけの環境で3ヶ月間を過ごします。

留学中の生徒支援

州立学校(学習カウンセラー・ホームステイカウンセラーによる生徒支援)
 留学先の学校には学習カウンセラーがいますので、学習上の悩みやホームステイ先での悩みなど、いつでも気軽に相談できます。
現地受入れの組織(日本人スタッフによる生徒支援)
 現地の受け入れを支援する団体(Access Japan PTY)の日本人スタッフが、留学期間中現地に常駐し、万一の病気や生徒の急な要望に答えられるようになっています。
教育省(各学校への指示。省スタッフによる生徒支援)
 また、教育省でも、留学生に対する支援をします。教育省のスタッフが定期的に各校を巡回訪問し、学校の担当者との間で情報の共有を図りながら、生徒の状況を把握します。
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園中等教育学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)