横浜富士見丘学園 中等教育学校

セブ島英語研修

 

 マンツーマンによる英語学習をセブ島で開始しました。英語は、フィリピンの公用語ですが、自らも小中高で学んだ経験を持つ先生方の教え方は、英語を母国語とする欧米人に比べ分かりやすく親しみやすいものでした。一人ひとりの生徒が学ぶ主体となる英語学習は、生徒のやる気を引き出し、生徒の意識を一変させ、高い満足感に繋がっています。

英語レッスン

 入学時のレベルチェックテストでそれぞれのレベルに適したレッスンを組み立ててもらいます。1日8時間のうち、マンツーマンレッスンを4時間、グループレッスンを2時間、自習の時間を2時間行います。加えて、夜に2時間のフリーレッスンがあります。

マンツーマンレッスン(4時間)

マンツーマンレッスン(4時間)

ReadingやSpeaking、Writingの授業をマンツーマンで教わります。キャンパス内で共に生活している先生もいるので、授業以外での交流などを通して生きた英語を身につけることができます。

グループレッスン(2時間)

グループレッスン(2時間)

1:4と1:8のグループレッスンが1時間ずつ用意されています。富士見生以外の生徒も混ざって勉強します。マンツーマンとは違い、他の人の意見や考えを英語で聞くことができます。

週末のアクティビティ

ボランティア活動

ボランティア活動

日本人が代表のボランティア団体(DaredemoHero)で、団体設立の経緯やフィリピンの貧困の現状について学びます。
貧困児童への食事提供の手伝い、歌やゲームなどの交流を通して、自分たちのできる国際貢献を考え行動する良い機会となります。

アイランドホッピング

アイランドホッピング

バンカーボート(フィリピンの小型のボート)で周辺の島を訪れます。島では、セブ島の美しい海や自然を体験することができます。また、島の同世代の子どもたちとの交流を通じて、生活や文化の違いを理解します。

参加者の声

ネイティブの先生とのマンツーマン授業で英語で寝言を言うほど上達しました。 6年 M.Hさん

 授業は全て英語なので最初の1週間は本当に大変でした。でも間違ったことを言っても直してくれるし、合っていたらいいリアクションで返してくれるので、間違いを恐れず積極的に取り組むことができました。2週目になるとネイティブの先生の英語が聞き取れるようになり、英語のセンテンスがスラスラ出てきたのも嬉しい変化。寮で同室の後輩から「英語で寝言を言ってましたよ」と言われるほど、短期間で英語の力がついたと実感できました。授業中によく聞かれたのは、「日本について」や「あなたは何ができるの?」ということ。自分を表現することの大切さや、週末のボランティアで人のために役立つ尊さを学べたことも収穫でした。

「聞き取れた!」「通じた!」の連続で苦手だった英語が好きになりました。 3年 K.Yさん

 英語が苦手だったので、少しでも得意になりたいと思って参加しました。最初は、ネイティブの先生の英語を聞き取ることも難しかったけれど、わからないところは別の表現で丁寧に教えてもらえたので、必死でついていきました。英語で話したくても言葉が出なくて、寮に帰ってから辞書で調べて翌日の授業で実践し、通じたときは大感激。それから英語の勉強がどんどん楽しくなっていきました。ボランティア活動でフィリピンの貧困層の子どもの家を訪問し、私たちが当たり前と思っていた生活が当たり前ではないことに気づかされた経験は、きっと生涯忘れないと思います。将来は小児科の医師になりたいという目標ができました。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園中等教育学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)