横浜富士見丘学園 中等教育学校

ハイスキルキャリアエデュケーション

アクティブラーニングを用いたジェネリックスキルの取得

グローバル社会で活躍するためには、真の人間力が必要です。自分を理解するのと同じように他者を理解し、日本だけでなく世界のしくみも理解する。その上で、自分は社会にどのように貢献できるのか、という命題に真摯に取り組む人間の形成。それが、本校が掲げるHigh-skilled Career Educationです。アクティブラーニングの手法を用いて多様なテーマを繰り返し探究する中で、キャリアを形成する能力と同時に、社会で活躍するための総合的・汎用的な能力(Generic Skills)を獲得します。

High-skilled Career Educationが新しい時代に求められる力を育み、主体性を養い、自己実現につなげる



自己を理解して受け入れることは、自尊感情や自己肯定感を高め、自らの成長への意欲を喚起・向上させ、他者を認めることにもつながります。「自分も他者も等しくかけがえのない存在である」ことを知り、併せて調査・研究・発表の方法も学びます。


グローバル、ダイバーシティという言葉がクローズアップされる社会だからこそ、日本人としてのアイデンティティを確立することが大切です。「礼法」の授業を通じて日本伝統文化を理解すると同時に、TPOに応じた振る舞いができる、思いやりの心を持った品格のある女性に育って欲しいと願っています。


二俣川をはじめとする地域についての探究学習です。地域の協力を得て、地域への理解を深め、そこからグループ毎に課題を発見・設定し、調査・分析に挑戦して、生徒の視点からの課題解決案を、地域の皆様にプレゼンテーションするという実社会に結びついた提案型の探究学習です。旭区・町内会・ロータリークラブ、県障がい者センター、大学などの協力をいただいたプログラムです。


興味・関心がある職業を2~3種類選んで調べます。親や親戚、身近な社会人にインタビューし、仕事の内容、やりがい、楽しさや苦労について感想にまとめて発表します。卒業生や父母会によるガイダンスでは職業理解・勤労理解を追体験していきます。


急速に進むグローバル化やダイバーシティ社会を見据えたプログラムです。様々な国からの留学生との交流によって、多様な文化を理解すると同時に、日本文化を再認識します。


多様な職業についている人たちのお話をうかがうことで、誇りを持って仕事をすることの意味を知り、自身の生き方や、将来に向けて今出来ることは何かを考え、職業選択の幅を広げます。


「クエストエデュケーションプログラム」に参加し、企業の商品開発体験を題材に、自ら感じて考え、表現していく課題解決型学習を実践します。グループでの活動を通して社会や経済、働くことの意義について理解を深め、情報処理能力や表現力、コミュニケーション能力を養い、自律的な学習姿勢と豊かな創造性を育みます。
■2016年参加企業/オムロン、カルビー、クレディセゾン、大和ハウス工業、テレビ東京、富士通


これまで培った自分の生き方についての価値観や職業観をもとに、最も関心を抱くテーマを選択し探究することで、自分の進むべき進路の方向性を探ります。思考力、判断力、表現力、主体性を養い、自己実現の礎となる取り組みです。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園中等教育学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)