横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

特徴

自学自習の習慣を身につけて
一人ひとりが希望する進路の実現をサポート

グローバル&サイエンスクラス(G&S)(女子)

 予測不可能な未来社会、変化する社会構造であるからこそ、確かな学力を育むことは必要不可欠であるといえます。本学園では高1では、大学進学を目的としたスタンダードクラスと併せて、中学3年間で培った基礎学力と、グローバル化に対応した英語でのアウトプット力を礎に国公立・難関私立大学進学を目指す文理総合特別選抜クラスである、グローバル&サイエンスクラス(G&S)を設置しています。
G&Sは週3日、7時間目枠を利用して、本校独自の特別講座を実施します。さらに、G&Sの生徒は、高2に週2回放課後に実施する英語特訓講習を全員受講します。さらに、長期休暇の講習や高3の大学入試直前講習とあわせて、難関大学進学実現をサポートします。

チューター制度(中1・2)

 中1・中2は、週3日は‘勉強をする日’と位置づけています。そのうち2日間に自学自習をサポートするために、チューター制度を導入しています。目的は、「まじめにコツコツ勉強する」という基本姿勢を低学年でつくることです。教員志望の大学生のチューターの下、自学自習の姿勢をつくり基礎学力の定着を図ります。

あしあと(中1~3)

 中学の3年間、毎日、担任と学習記録ノート「あしあと」をやりとりします。生活と学習のリズムを身につけると同時に、担任との信頼関係が生まれ、学校生活への安心感や、学習意欲の向上にもつながっています。

あしあと(中1~3)

理数フェロー制度(高2・3)

 難関大学受験で数学や理科を必要とする生徒(主に理工系・医療看護受験、国公立文型受験)に対し、毎週土曜日の放課後、東京理科大学の女子大学生がフェローとなり、受験勉強をサポートします。身近な先輩によるきめ細やかな対応により、レベルの高い入試問題に対応する力と同時に、数学受験に対する自信がつくと好評です。

理数フェロー制度(高2・3)

理数特進クラス(男子)

 医学部や国公立・難関私立理数系大学進学を目指すクラスです。中学は基礎力の徹底と実力養成のために、週6時間数学の授業を行い、高校数学(Ⅰ・A)まで先取りします。英語も基礎学力を徹底的に身に付けさせるため、女子クラスと同様に週7時間を確保しています。中1から高1までは女子と別クラスですが、高2から理数特進クラスは、男女混合クラスとなり、お互いに切磋琢磨する環境で希望進路実現を目指します。
 充実した英語教育とともに、理数教育の強化を推進しています。多彩な学習支援プログラムで理数系科目に興味・関心を引き起こし、希望進路の幅を拡大します。科学技術が急激に進んでいる現在に不可欠な、プログラミング講座や理数科目横断型授業を行うことで、正しい知識や考え方、倫理観や価値観を育みます。

理数教育の強化

 英語教育とともに理数教育の重要さを鑑み、理数系に興味・関心を引き起こす多彩な学習支援プログラムを行っています。英語・数学は十分な授業時間数を確保し、基礎学力の徹底と応用力・実践力の養成を図り、学習の深さに重点をおきながら先取り学習を行っています。また、7時間目特別講習、長期休暇中の講習や高校段階での部活動終了後の英語勉強講座を実施し、希望進路を実現します。

理数教育の強化

放課後講習・補習(全学年)

 中学生では英語、数学、国語について、必要に応じて放課後講習、補習を実施しています。全員に確実に基礎学力を定着させるとともに、成績上位者がさらなる学習意欲を持てるように指導しています。高校生でも英語を中心とした実力養成のためのレベル別放課後講習(希望制)や、部活動終了後の英語勉強会講習などを行っています。

春期・夏期・冬期講習(全学年)

 長期休暇中に、中1から高1は個々のレベルに合わせた英語・数学・国語の講習を行っています。高2・高3では個々の進路に合わせられるように講習を設定していることに加え、大学入学共通テスト対策、大学入試直前には私大・2次試験対策講習も実施し、大学受験への万全な対応をしています。

  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 緊急災害時の対応
横浜富士見丘学園 中学校・高等学校
〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号 TEL:045-367-4380(代表)