神奈川県横浜市の私立中学校・高等学校【横浜富士見丘学園 中学校・高等学校】

横浜富士見丘学園 中等教育学校 中学校・高等学校

学園紹介

校長メッセージ

「夢」を超えて、社会的使命を発見して欲しい!

学校長 駒嵜 健

 横浜富士見丘学園は、4月から男女共学という新たな歴史を刻み始めました。希望に満ち溢れた生徒たちが、楽しく充実した学校生活が送れるように、誠心誠意尽力いたします。
 現在、推進している学校改革の一つとして、これまでの希望制に加え、オンライン英会話は、中学3年生と高校1年生は全員必修化いたしました。また、ICT教育を充実させるために、BYOD(Bring your own device)を導入しました。
 本校の生徒たちの中には、リーダーシップを発揮する者、フォロワーシップに長けている者もいることでしょう。すべての生徒が、自分自身の特性を把握し、個性と資質に自信を持ち、高い意欲と理想を抱き、自らの可能性をさらにさらに広げて欲しいと願っています。
 未来社会を幸せに生きるためには、「粘り強く、あきらめないで、何度でもチャレンジする」といった根源的な「生きる力」が必要です。そして、状況を見極めながら、物事を自分で判断し、決定していく一人の人間としての精神的な「自立」が大切です。
 6年間の学校生活で、将来をしっかりと見つめた学習を積み重ね、豊かな教養と高い学力を持つことが、人格を磨くとともに、「生きる力」と「自立心」を育むことに繋がるはずです。
 そして、将来、生徒一人ひとりが自分の「夢」を実現し、その「夢」を超えて、社会的使命を発見してくれることを切に願っています。

建学の精神

 1932年(昭和7年)、本学園の全身である日の出女学校を受け継ぎ富士見丘高等女学校を設立した澁谷近蔵は、「真の教育は魂の教育と信ずるが故に、どこまでも修養本位・人物本位で教育せねばならぬ。」と考え、本校の建学の精神と定めました。

 学制改革により、1947年(昭和22年)、富士見丘中学校、1948年(昭和23年)、富士見丘高等学校と改めましたが、この「建学の精神」を受け継ぎ、教育の中心を「和」としました。「敬愛」「誠実」「自主」を校訓として今日まで、精神育成に努めてきました。

施設紹介

 港横浜にふさわしい瀟洒な煉瓦づくりの外観に木製の床や壁、間接照明の廊下ギャラリースペースの多さなど恵まれた美的環境となっています。
 さらに、教育環境として望ましい回遊性、生徒の心理面に配慮した空間の確保、警備員の常駐、監視カメラの整備など生徒の安全と適応に最善の校舎・設備となっています。

大規模地震にも耐えられる施設
万全の防災対策を進めています。

 本校の校舎のIS値(構造耐震指標)は「0.9」あり、基準値の1.5倍に設定されています。これは、震度6強程度の地震に対しても、倒壊や崩壊の危険性は低いと考えられている数値です。また災害に備えて毛布や乾パン、飲料水などを防災倉庫に備蓄しています。今後もさらなる防災対策に努め、生徒と保護者の「安心」をしっかり支えていきます。

グラウンド:直線100m、200mトラックを備えた砂入り人工芝(オムニ)仕様です。

中庭:校舎中央にある円形の屋上庭園です。

交流ラウンジ:職員室に隣接しており、生徒の質問・相談に使用します。

体育館[2階]:バスケットボールコートが2面とれる広さがあります。

カフェテリア:学食、自販機コーナーなどが設置されています。

礼法室[お茶室]:校舎と切り離された、庭園つきの和風空間です。

大講堂:2階層吹き抜けの1,000名収容の大ホールです。

Check point

中高生に人気の図書が揃っています。

校舎の中心に位置する図書館はITラウンジを併設した総合情報スペースです。蔵書は約28,000冊を誇り、中高生に人気の図書や絵本、洋書などが揃い、昼休みや放課後は生徒たちで賑わい、憩いの場にもなっています。また読書好きな生徒を育むだけでなく、探究型学習やレポート作成の際に利用されています。

いつでも使える自習室と交流ラウンジ

放課後だけでなく、朝も昼も、休日や長期休暇中もいつでも自習室を開放して、生徒たちの受験勉強や自学自習を全面的にサポートしています。また、自習室に隣接した「交流ラウンジ」は職員室に直結していて、先生に質問しながら勉強ができる人気のスペース。自習中にわからないことがあると、職員室の先生に声をかけ、交流ラウンジで教えてもらうことができます。

制服

中学夏服(女子)

中学冬服(女子)

中学冬服(男子)

高校夏服(女子)

高校冬服(女子)

高校冬服(男子)

カーディガン

靴下・靴

通学鞄・サブバック

 数多くの卒業生の思い出とともに受け継がれてきた現在の制服は1950年に制定されました。襟元のラインのエンジ色はスクールカラーです。リボンは、物を大切にしようという考えから、制服をつくるときにできる端切れの共布を胸元に結んだのが始まりで、着物の帯の“お太鼓結び”のようにふっくらと結ぶのが特徴です。また、新たに制定した男子の制服は、上品で落ち着きのある紺色のブレザーに決まりました。シャツの襟やズボンの生地にさりげなくエンジ色があしらわれています。ネクタイの色は男女とも中学生がエンジ色、高校生が紺色です。

沿革

1923 児崎為槌 横浜市野毛町に本校の前身「日の出女学校」創立。
1924 関東大震災のため、横浜市西区東久保町に校舎を新築移転。
1925 横浜市内で4番目の4年制高等女学校の認可を受け、「児崎高等女学校」と改称。
5月26日を創立記念日と定める。
校歌[作詞:金子彦二郎/作曲:信時 潔]・校章を制定。
1928 野口援太郎 第2代校長に就任。
1931 澁谷近蔵 第3代校長に就任。校旗制定。
1932 澁谷近蔵 創立者となり、校名を「富士見丘高等女学校」と改称。
1943 財団法人「富士見丘高等女学校」の設置認可。
澁谷近蔵 初代理事長に就任。
1947 学校改制で「富士見丘中学校」設置認可。
1948 学校改制で「富士見丘高等学校」設置認可。PTA発足。
創立25周年記念式典挙行。教育方針を「和」と定める。
1949 澁谷陽一 第2代理事長兼第4代校長に就任。
1950 制服を現在のセーラー服に制定。
1951 学校法人「富士見丘学園」設立。生徒会発足。
1957 校章・校旗を現行のものに改定。
あわせて「敬愛」「誠実」「自主」の校訓を定める。
1973 創立50周年記念式典挙行。
1986 澁谷瀋次 第5代校長に就任。
1989 理事長 澁谷陽一 勲4等旭日小綬章受章。
1992 澁谷一郎 第6代校長に就任。
1998 創立75周年記念式典挙行。
2001 澁谷一郎 第3代理事長に就任。
2005 豊岡 稔 第7代校長に就任。
2007 横浜市旭区中沢に校地移転、新校舎完成。
「横浜富士見丘学園中等教育学校」設立(富士見丘中学校を廃止)。
2010 富士見丘高等学校廃止。
2013 創立90周年記念式典挙行。
松田由紀子 第8代校長に就任。
2016 澁谷一郎 第9代校長に就任。
2018 「横浜富士見丘学園中学校・高等学校」新設。
駒嵜 健 第10代校長に就任

アクセスAccess

アクセスAccess

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号
TEL:045-367-4380(代表)
FAX:045-367-4381