神奈川県横浜市の私立中学校・高等学校【横浜富士見丘学園 中学校・高等学校】

横浜富士見丘学園 中等教育学校 中学校・高等学校

中学校

教育計画

~4つのカリキュラムポリシーで未来に向けた教育を実践します。~

新しい歴史を刻み始めます

1923年(大正12年)、本学園の前身である日の出女学校が創立しました。その志を引き継いだ澁谷近蔵は、「真の教育は魂の教育」と信じ、「どこまでも修養本位・人物本位で教育をしなくてはならない」と考え富士見丘高等女学校を創立し、「教育の中心を和とし、礼儀正しく、互いに敬愛・協力し、情操豊かで勤労を尊び、あわせて自主的で誠実な女性の育成を期する」と教育の指針を定め、3つの校訓「敬愛」「誠実」「自主」のもと女子教育に邁進してきました。長い歴史の中で培われた「アットホームで堅実、自主的で誠実」である校風とその精神は脈々と受け継がれ、2023年に100年の歴史を刻みます。
しかし、社会の在り方そのものが急激に変化する中、総合的な人間力を養い、多種多様な価値観を包容し、男女の区別なく互いの特性を認め合い、理解・尊重し、ともに学び、支え合い、互いを活かし、一人の人間(ひと)として生き抜く力が必要となります。この変化を見据え、本学園も建学の理念の中の「女性」という部分を「人間(ひと)」に変えなくてはならないと考え、2019年度から男女共学化を図り、学園に新しい歴史を刻み始めました。創立以来の伝統と、女子教育で培ってきたノウハウを活かし、時代の変化に応える新しい教育、100年後の未来を支える教育を構築していきます。

100年後の未来を支える22世紀教育

本校は、4つのカリキュラムポリシーを掲げ、生徒一人ひとりが自らを活かし、自らが主体的に未来を切り拓き、たくましくしなやかに幸せに未来を生きる資質・能力を育成し、その能力を社会に活かすことができる教育‘夢を超えた、社会的使命に繋がる’未来に向けた教育を実践していきます。

3ステージ制で、一人ひとりの「夢」を実現する

一人ひとりの「夢」を実現するために、6年間を成長段階に応じた3ステージに分け、それぞれのステージに応じたプログラムを用意しています。学びへの好奇心・探究心を大切にしながら、第1志望の難関大学合格を実現できる進路選択力を育成します。1stステージはきめ細やかな学習指導、2ndステージは自学自習の確立、3rdステージは難関大学合格力を養成します。中学1・2年のネイティブ副担任制、中学3年・高校1年のオンライン英会話必修、学年フリーの英検特別講習などのプログラムで英語4技能力の向上を図ります。
また、各ステージに応じて、アクティブラーニング型の多様なプログラムや体験型海外研修を経験することで、生き方・在り方を学び、自立心とキャリアデザイン力を養成し、未来社会を「たくましく、しなやかに生きる力」、「人としての品格や洗練された国際感覚」を育みます。

確かな学力

~基礎学力の徹底と自ら学ぶ姿勢を育む~

主な教育課程

自学自習の習慣を身につけて一人ひとりが希望する進路の実現をサポート

グローバル&サイエンスクラス(G&S)(女子)

女子は高1から、私立文系大学進学を目指すスタンダードクラスと文理総合特進クラスのグローバル&サイエンス(G&S)クラスに分かれます。
G&Sクラスでは、中学3年間で培った基礎学力と、グローバル化に対応した英語でのアウトプット力を礎に国公立・難関私立大学進学を目指します。
そのため、週3回7時間目に授業または本校独自の特別講習を実施しています。さらに、高2で週2回、全員が受験英語特訓講習を受講します。
その他にも長期休暇の進学講習、大学入試直前講習などで、目標とする難関大学への進学の実現を力強くサポートします。
※グローバル&サイエンスクラスへの進学には選考があります。

チューター制度(中1・2)

中1・2は、週3日は‘勉強をする日’と位置づけています。そのうち1日または2日、自学自習をサポートするために、チューター制度を導入しています。
目的は、「まじめにコツコツ勉強する」という基本姿勢を低学年でつくることです。卒業生や教員志望の大学生のチューターの下、自学自習の姿勢をつくり基礎学力の定着を図ります。

あしあと(中1・2)

中1・2は、毎日、担任と学習記録ノート「あしあと」をやりとりします。生活と学習のリズムを身につけると同時に、担任との信頼関係が生まれ、学校生活への安心感や、学習意欲の向上にもつながっています。

理数特進クラス(男子)

医学部や国公立・難関私立理数系大学進学を目指すクラスです。中学は基礎力の徹底と実力養成のために、週6時間数学の授業を行い、高校数学(I・A)まで先取りします。英語も基礎学力を徹底的に身に付けさせるため、女子クラスと同様に週7時間を確保しています。中1から高1までは女子と別クラスですが、高2から理数特進クラスは、男女混合クラスとなり、お互いに切磋琢磨する環境で希望進路実現を目指します。
充実した英語教育とともに、理数教育の強化を推進しています。多彩な学習支援プログラムで理数系科目に興味・関心を引き起こし、希望進路の幅を拡大します。科学技術が急激に進んでいる現在に不可欠な、プログラミング講座や理数科目横断型授業を行うことで、正しい知識や考え方、倫理観や価値観を育みます。

理数教育の強化

英語教育とともに理数教育の重要さを鑑み、理数系に興味・関心を引き起こす多彩な学習支援プログラムを行っています。英語・数学は十分な授業時間数を確保し、基礎学力の徹底と応用カ・実践力の養成を医り、学習の深さに重点をおきながら先取り学習を行っています。また、7時間目特別講習、長期休暇中の講習や高校段階での部活動終了後の英語勉強講座を実施し、希望進路を実現します。
※別冊「理数教育の特徴」をご参照ください。

放課後講習・補習(全学年)

中学生では英語、数学、国語について、必要に応じて放課後講習、補習を実施しています。全員に確実に基礎学力を定着させるとともに、成績上位者がさらなる学習意欲を持てるように指導しています。高校生でも英語を中心とした実力養成のためのレベル別放課後講習(希望制)や、部活動終了後の英語勉強会講習などを行っています。

春期・夏期・冬期講習(全学年)

長期休暇中に、中1から高1は個々のレベルに合わせた英語・数学・国語の講習を行っています。高2・高3では個々の進路に合わせられるように講習を設定していることに加え、大学入学共通テスト対策、大学入試直前には私大・2次試験対策講習も実施し、大学受験への万全な対応をしています。

英語科

1stステージでは、英語と日本語の違いや英語圏の文化などに触れながら、英語に親しみながら学習習慣を定着させます。2ndステージでは、海外研修に向けて自分の意見を英語で発信するなど、知識の運用力を高めます。3rdステージでは、大学受験を見据えて発展的な演習で実践力を養います。

英語を学び、異文化への関心を育む

中学では、「New Crown」とオリジナルテキスト「Bridge」を使い、4技能をバランスよく運用して知識を定着します。また、「CrownPlus」では英文に触れる量を増やすなど学びの「繰り返し」を大切にしています。2年生から文法の授業を分級し、自分に合った進度で実力を伸ばすことも可能です。英語を通じて視野を広げ、豊かな人間性を育みます。

教養を高め、国際社会への関心を育む

高校では、言語・文化・環境・医療など様々な分野の見識を広め、「道具としての英語」を身につけます。副教材を中心に、4技能をバランスよく伸ばし、卒業後も生涯を通じて「自立した学習者」として成長できる力を養います。ディベートやエッセイライティングを通じて、自分の意見を発信する機会を大切にしています。

※帰国生には状況に応じて「取り出し授業」を行っています。

数学科

どんな難問でも、それを解決するには小さなステップを積み重ねていくしかありません。そのために、数学科では基礎的な知識・技能の習得を最も大事にしています。確実な基礎の上に立って、物事を原理にさかのぼって考え、論理的に結論を導く力を育てます。

興味・関心を引き出す取り組み

数学への興味・関心を重視し、生徒たちが数学を好きになることを大切にしています。その一環として、中学校の3年間、毎年夏休みに数学に関するテーマを各自で選び、レポートを作成する課題を課しています。優秀な作品は、文化祭で展示しています。また、数学検定を年2回校内で実施し、学習のモチベーションを高めています。

高い進路目標を見据えた先取り学習

1stステージでは、授業を数量分野と図形分野に分け、基本的な概念や原理・法則の理解を深めながら、先取り学習を進めます。2ndステージでは、将来の進路選択を見据えながら、高校数学の基礎を学習します。3rdステージでは、多様な進路に応じた選択科目を設定し、高度な内容の理解と技能の習得を図ります。

国語科

国語はあらゆる教科・科目の基礎であるといわれます。それは、言葉なくして思考することは出来ず、その言葉を扱う力を養成する教科が国語だからです。本校国語教育の最大目標は「日本語のリテラシー(読み書き、その活用能力)」能力育成。そのために様々なアプローチを試みています。

成長段階に応じた国語力の定着を推進

1stステージでは、確実な学習習慣を身につけるべく、漢字学習や意味調べなどの家庭学習を徹底します。2ndステージから「現代文」「古典」と分野を独立させ、「現代文」ではより論理的に文を読む方法を、「古典」では高校1年次までにすべての文法事項の習得を目指します。3rdステージでは、数多くの入試問題演習に取り組みます。

多様な大学入試に対応できる体制

1stステージでは、プレゼンテーションや話し合いなどを取り入れ、様々な思考・表現の能力の育成をする取り組みを実践しています。2ndステージでは、大学入学共通テストの記述問題に対応できる力の養成や、古典の多読を目指す選択授業にも力を入れています。3rdステージでは、個々の目的に沿った個別の指導も行います。

使用教材(一部)

英語
BRIDGE(オリジナル教材)

中学1年から3年までオリジナル文法テキスト「Bridge」を使用し、週3時間、グラマーの授業を行っています。練習問題と発展問題があるので、実力に応じて適切な難易度の演習が可能です。Book3では現在完了進行形や過去完了、関係代名詞のwhat、関係副詞、仮定法など高校文法の一部を先取りしています。

数学
ニューマイスター

中学校の数学の授業では、検定教科書より高度な内容が盛り込まれている中高一貫校用テキスト『ニューマイスター』(東京書籍)を使用しています。このテキストは数量編・図形編それぞれ2巻までに中学校数学の全内容と、関連する高校数学の内容が一部含まれています。これらは中3の途中ですべて終了し、その後は高校の教科書を使用します。

活きた英語力

~国際的視野を育成し、全員が英語でコミュニケーションが図れる環境づくり~

活きた英語力

“Vivid English Program”で身につける「使える」「活きた」英語力

ネイティブ副担任(中1・2)

朝や帰りのホームルーム、ランチタイム、学校行事など、学校生活の多くの時間をネイティブの先生と一緒に過ごします。日常的に英語を「聞く」「話す」環境を作ることで、自然に‘使える’‘活きた’英語力が身につきます。

エクステンション英会話(中2・3)

週1回、放課後に、Lingo Lounge(英語教室)でネイティブの先生によるエクステンション英会話の時間を設けています。
英会話の授業、ネイティブ副担任制と併せて、英語を「聞く」「話す」機会を増やしています。

イマージョン授業(中1)

英会話をより身近に、また、実生活で使えるように、家庭科の授業の一部をイマージョン(英語で行う授業)で行います。レシピづくりや調理などを楽しみながら、自然に英語になじんでいきます。

グローバルアイ(中3)

英語を母国語としない様々な国からの留学生と英語というツールでコミュニケーションを固り、他国の文化を学び理解し(Global)、日本の地域・文化を相互理解し(Local)、他国から見た視点で日本の魅力をまとめ世界に発信すること(Glocal)を目的にしたプログラムです。3日間のプログラムは、生徒5名と留学生1名という少人数でのグループ活動で横浜巡りなどを実施し、英語でのアウトプットカを向上させます。最終日に行うパワーポイントでのプレゼンテーションもすべて英語で行います。

オンライン英会話(中3・高1必修、他学年希望制)

マンツーマンで英語の授業が受けられるオンライン英会話は、たくさん英語を聞いて話すことができるので、リスニングやスピーキングの能力を伸ばすのに最適です。講師はCEBU島研修で生徒とも馴染みのあるベイサイドイングリッシュの先生方なので、会話もより弾みます。また、第2外国語として英語を習得した先生たちとの会話は、多様な国の人が話す英語を聞き取る必要がある英語資格試験にも役立ちます。(有料)

その他にもスピーチコンテスト・レシテーションコンテスト・留学制度などがあります。

多彩な海外プログラム

オーストラリア研修

中3女子全員
9日間

中学3年生の1月に実施する9日間のオーストラリア海外研修は、異文化理解・異文化交流をテーマAOHAAC込にした体験型の研修です。ファームステイ、ドミトリーステイ、現地の学生との交流プログラムなど、一人ひとりの生徒が自ら主役として海外での生活を体験する本校独自の海外研修を目指しています。日本との緊密な関係を学ぶとともに、オーストラリアの歴史や文化を学び、他国を尊重する態度の育成の機会としても大切と考えています。

アメリカ西海岸大学訪問研修

中3男子全員
1週間

将来、グローバルに活躍できる人材の育成を目指し、世界最高峰のスタンフォード大学やカリフォルニア大学バークレー校などで現役大学生との交流を持ち、視野を広げ将来のビジョンを描くプログラムです。ホームステイやシリコンバレーのグローバル企業訪問を通じ、英語でのコミュニケーションカを養います。

セブ島英語研修

全学年希望者
1週間

マンツーマンによる英語学習をセブ島で実施しています。英語はフィリピンの公用語ですが、自らも小中高で学んだ経験を持つ先生方の教え方は、英語を母国語とする欧米人に比べ分かりやすく親しみやすいものです。一人ひとりの生徒が学ぶ主体となる英語学習は、生徒のやる気を引き出し、生徒の意識を一変させ、高い満足感に繋がっています。

オーストラリア短期留学

中3女子
2.5ヶ月

英語力の獲得と生徒の自立がテーマです。生徒の判断カ・自己主張・自己責任の力を養い、自らに対する自信が将来への夢を将来への夢を育みます。中学3年生女子は、オーストラリア研修と続けて高校入学までの短期留学ができます。

[研修に参加した感想]

  • 英語がとても苦手で、やりたくないと思っていた自分でしたが、英語が大好きになりました。
  • 英語しか通じないので自然と英単語を覚えられました。
  • 英語が身近なものに感じられました。
  • 現地の家庭を訪問し、自分がどれだけ恵まれているかを知りました。
  • 失敗を恐れずに英語で話したら、それを現地の先生に褒められて自信がつきました。

Point!

州立学校への分散入学

現地の州立学校1校に対し、原則として本校生徒2名程度を普通クラスに入学させます。これは、なるべく現地の高校生と友人関係を築いてもらうためです。また、入学する学年も1学年下の学年にするなど、日本人生徒に対して十分配慮します。

ホームステイは1家庭に1人ずつ(原則)

留学生は現地の家庭にホームステイをします。ホームステイは一家族に一人を原則とします。学校ばかりでなく、家庭でも英語という、文字通り英語だけの環境で過ごします。

希望によって各校のクラブ活動に参加

本校で部活、特に運動系の部活に入っている生徒は、留学期間中も運動や練習ができるように、希望するクラプのある学校へ入学できるように配慮します。これによって、帰国後も本校での部活の再スタートがスムーズにできます。

その他のプログラム

英検講習(全学年)

本学園は、英検2次会場校にも選定されており、大学入試改革に対応した、GTEC・英検受験を必修化しています。中学段階で英検2級、高校段階で英検準1級という全員が卒業までにCEFRでB2レベル以上の取得を目指しており、学年を超えた講習を効果的に行っています。本学園は3年連続で英検奨励賞を受賞しています。

Message from Student

グローバルアイで改めて英語の持つ力を実感しました。

この体験で、英語という1つの言語で様々な国の留学生との交流が可能になることを実感し、私もこの輪の中で笑って話せるようになりたいと強く思いました。また、はっきり言葉にして伝えることの大切さを実感しました。

高1 S.Kさん
[中3でグローバルアイを体験]

成長した自分に出会えた留学生活。

私はもともと内向的な性格でしたが、留学中は自分から話しかけなければ友達が出来ないので積極的に話しかけるようにしました。そのおかげで自信がつき、何事にも積極的に取り組めるようになりました。

高2 H.Uさん
[オーストラリア研修(必修)と短期留学(希望制)に参加]

理数教育

~AI時代を生きるための思考力を育む~

数学教育

どんな難問でも、それを解決するには小さなステップを積み重ねていくしかありません。そのために、数学科では基礎的な知識・技能の習得を最も大事にしています。確実な基礎の上に立って、物事を原理にさかのぼって考え、論理的に結論を導く力を育てます。
週6時間以上の授業時間を確保し、3年の夏までには数学Ⅲを終了させ、基礎力の徹底と応用力の完成を図ります。また、放課後には理数系進学者をサポートする「学習支援センター"TERAKOYA"」制度があります。

理科教育

自然科学は本質的に未知なる現象に挑戦する学問です。挑戦ですから、間違えることは当たり前なのですが、多くの人は間違えを恥ずかしがります。本校では、双方向的な授業を行い、間違いを恐れずに挑戦し、間違いを乗り越えて真実に近づく思考法を身につけさせることを目標にしています。
高校1年で物理基礎・化学基礎・生物基礎の3科目を必修とし、高校2年からは進路に応じて理科2科目(化学/物理または化学/生物)を選択し、高校3年とあわせて各科目8時間の授業を確保、実力養成を図ります。放課後には理数系進学者をサポートする「学習支援センター"TERAKOYA"」制度があります。

理数教育・多彩な学習支援

2019年度実施予定の学習支援プログラム

①理系の学び講座

中学3年・高校1年の5・7・11月:研究者や最先端の科学技術を学ぶ大学生・大学院生との触れ合いを通じ、理系への関心・興味をより一層高めます。

②理系分野別説明会(進路説明会)

高校2年の4月:進路決定の参考となるよう、詳細に理系大学の学科説明を行います。

③大学キャンパスツアー

高校2年の6月:実験体験や現役女子大生・大学院生たちとのトークセッションを実施します。

④学習支援センター"TERAKOYA"

放課後には理系大学生・大学院生がきめ細かく生徒を学習指導、つまずきを小さいうちに解消し、学力の向上につなぎます。

東京理科大学との教育連携について

 横浜富士見丘学園は、実力主義のもと、堅実で誠実な研究・教育を実践している、日本屈指の理数系大学である東京理科大学と2016年12月にインターンシップ協定を結びました。
 2017年度には、女子の理数系大学進学希望者の掘り起こしプログラム「理系の学び講座」(全4回)、2018年度には、「理系の学び講座」「理系分野別説明会」「大学キャンパスツアー」「理数フェロー制度」を実施しました。
 2019年度も引き続き同様のプログラムを実施します。

生きる力

~ジェネリックスキル~「生きる力」の育成~

アクティブラーニングを用いたジェネリックスキルの獲得

主体性・協働性を養い、新しい時代に求められる力を育み自己実現につなげる

他人史(中1)

他者を認め、理解して受け入れることは、自尊感情や自己肯定感を高めることにつながります。自らの成長への意欲を喚起・向上させ、「自分も他者も等しくかけがえのない存在である」ことを知り、併せて調査・研究・発表の方法も学びます。

礼法(中1)

グローバル、ダイバーシティという言葉がクローズアップされる社会だからこそ、日本人としてのアイデンテイティを確立することが大切です。「礼法」の授業を通じて日本伝統文化を理解すると同時に、TPOに応じた振る舞いができる、思いやりの心を持った品格のある人に育って欲しいと願っています。

地域研究(中2)

生徒にとって身近な地域や日本国内の様々な問題を題材に、どのようにデータを読むべきか、またまとめるべきか、結果として何がいえるのか、もしかしたら違うアプローチがあるかもしれない、というように、情報収集・分析能力に加え、新しく情報を編集する力や複眼的な思考力を養います。答えが1つであるとは言えないこれからの社会を生きる力を育みます。

プロフェッショナルに学ぶ(中3)

多様な職業についている人たちの話をうかがうことで、誇りを持って仕事をすることの意味を知り、自身の生き方や、将来に向けて今出来ることは何かを考え、職業選択の幅を広げます。

課題探究(高2)

これまで培った自分の生き方についての価値観や職業観をもとに、自分の進むべき進路の方向性を探り、最も関心を抱くテーマを探究・選択し、小論文を作成します。思考力、判断力、表現力、主体性を養い、自己実現の礎となる取り組みです。

Close Up!

グローバルアイ(中3)

急速に進むグローバル化やダイバーシティ社会を見据えたプログラムです。様々な国からの留学生との交流によって、多様な文化を理解すると同時に、日本文化を再認識します。

企業連携型学習(高1)

「クエストエデュケーションプログラム」に参加し、企業の商品開発体験を題材に、自ら感じて考え、表現していく課題解決型学習を実践します。グループでの活動を通して社会や経済、働くことの意義について理解を深め、情報処理能力や表現力、コミュニケーション能力を養い、自律的な学習姿勢と豊かな創造性を育みます。

2018年参加企業/エイチ・アイ・エス、クレディセゾン、大和ハウス工業、テレビ東京、パナソニック、富士通、メニコン、良品計画

アクセスAccess

アクセスAccess

横浜富士見丘学園 中学校・高等学校

〒241-8502 横浜市旭区中沢1丁目24番1号
TEL:045-367-4380(代表)
FAX:045-367-4381